> > 借入できない人は意外と多い!何が原因で落ちてしまうのか?

借入できない人は意外と多い!何が原因で落ちてしまうのか?

カードローン審査で落ちてしまう、もしくはローンによる借入できないという場合は、原因が何なのか知っておく必要があります。

今回は、ローン審査で落ちてしまう人に多く見つかる原因を案内しているので、借入の経験が少ない人にとって役立つ情報が満載です。

他にも、聞き慣れない借入のワードも紹介させていただいております。借入は知識も大事になってきますので、今回紹介させていただいたワードも良ければ覚えていってください。

どうしても借入できない!そんな人に多く見られる原因を紹介

状況によっては、カードローンだけでなくローン全体で借入できないことがあります。しかし、ローン審査で落ちてしまう原因というのは、ローン審査が厳しいからだけではありません。

人によっては、借入状況が好ましくないために借入できないケースもあります。最近は借入できないケースが複雑化しているので、どのようなケースがあるのか1つずつ学んでいきましょう。

大まかにカードローン審査で落ちてしまう原因を探ってみました。

原因 注意点
申込件数が多い ・短期間に申込が集中してはいけない
・1ヶ月に数件程度が好ましい
借入希望額が多い ・初回は50万円以内を意識
※ 20万円以内は審査に通りやすい
返済の遅延が見られる ・返済で遅れる場合は連絡を入れる
・2ヶ月以上の遅延で問題視される
スーパーホワイト ・借入実績が無いと借りられない
・借入実績が1件あるだけで評価される

落ちてしまう原因が沢山あることを理解していただければ幸いです。しかし、これだけでは正確な対応が不明となりますので、記事内ではこれらの原因の対処方法についても案内していきます。

焦るほどドツボにはまる!?審査を受ける際は心の余裕が必要

先ずは申込件数から案内させていただきます。

申込件数というのは、カードローン全体の申込件数のことです。

なので、A社、B社で1件ずつ申込されている場合は2件という計算になります。この程度であれば問題はありません。

ですが、A社、B社、C社・・・というように、落ちたので別の金融機関でカードローン審査を申込んでいる場合、審査そのものが厳しくなってしまう恐れがあります。

その理由ですが、以下のような対応を金融機関は心がけているからです。

  • 審査情報は共有する
  • 借入情報も共有する

上記について簡単にまとめると、カードローン審査の情報は他の金融機関でも知ることができます。

審査情報というのは、カードローン審査に通ったか、もしくは落ちてしまったかという情報です。このような情報も知られてしまうため、何度も審査落ちされている場合は借入できない状況になるでしょう。

情報を共有しているので、他のカードローン審査で通ったかのように見せることもできません。本当に審査に通っているのであれば、契約者として借入情報も示せるはずだからです。

借入情報も共有されているため、現在の借入情報はごまかせないと理解しておきましょう。

つまり、カードローン申込は申込内容を整えておいたほうが良いのです。大量に申込むのも問題で、且つ申込内容が毎回違うのも問題になると理解しましょう。

借り過ぎの人は借りられない!審査で重要となる総量規制

カードローン審査は昔と今で違いがあります。

1つは初回借入というもので、初回借入時には優しい審査を行ってもらえます。もう1つは総量規制で、総量規制がノンバンク系に対して適用されるようになりました。

以下がノンバンク系の金融機関です。こちらを利用する際は総量規制に注意して利用するようにしましょう。

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • 個人経営の貸金業者
総量規制とは

年収に対して借入制限を設けている規制を総量規制と言います。

総量規制はノンバンク系で適用されますが、年収に対して3分の1以上の借入ができなくなる規制です。

以上が総量規制の詳細となりますが、初回借入時の借入希望額についても注意してください。

初回借入時というのは、今まで利用したことのない金融機関で借入する場合を言います。金融機関はすでにカードローン契約されている人に対しては甘く、今まで利用したことのない人には厳しい対応を取ります。

そのため、初回借入時に100万円以上の借入希望額で申込されていると、カードローン審査で落ちてしまうことが多いのです。

このことに注意して申込むようにするだけで、銀行や消費者金融の借入が安定するようになります。

契約件数も大事!審査申込前に契約件数を確認しておこう

先ほど借入希望額について案内させていただきましたが、借入希望額にだけ注意していれば良いというわけではありません。

カードローン審査は、現在の借入件数も大事になってきます。

借入件数とは、ローン契約を行っている件数の合計となります。そのため、以下のような借入をされている場合は、借入件数が加算されるようになっています。

  • 自動車ローン
  • 生活ローン
  • カードローン
  • キャッシングローン
  • クレジットカード

上記のすべてで契約を組まれている場合は、借入件数が5件となります。しかし5件の借入件数で、ローン契約を組んでいる人は少ないです。

というのも、銀行や消費者金融では4件以内の借入件数であれば、カードローン審査に対応している件が多いからです。

銀行は審査が厳しいと言われています。ですが、3件、もしくは4件であれば大目に見てくれることが多いでしょう。

人によっては、新生活を始めるために複数のローン契約を組むこともありますので、大きな借入が目立たないようであれば融通を効かせてくれることが多いのです。

銀行と消費者金融!最初の申込はどっちを選べば良い?

カードローン契約後のトラブルで最も多いものは、カードローン返済の遅延とされています。

返済の遅延は、どれほど遅延しているのか分かりにくいので、そのことも注意しなければなりません。

また、1回だけ返済で遅延してしまうと、借入できないようになるわけではありません。複数回の遅延が見られた場合でも、それほど厳しいペナルティーが発生するわけでもないのです。

では、どうして返済の遅延はいけないと言われているのか?と思ってしまいますが、返済の遅延が長期にわたっている場合は借入できない状況になってしまうからです。

このような対応は銀行や消費者金融で違います。銀行のほうが厳しい対応を取っているので、気楽にカードローンを利用したい人は消費者金融を選ぶようにしましょう。

銀行は返済の遅延が長引く場合、長期にわたって取引できない可能性を疑ってしまいます。そのため、以下のような対応を銀行に取られた場合は、カードローン返済を急いだほうが良いでしょう。

  • 督促状が届く
  • 返済に関する電話が何度もかかってくる

銀行や消費者金融で返済の遅延をいくらか認めていると言っても、せいぜい2ヶ月間の遅延までです。

返済が長期にわたって安定しない場合は、契約更新時に更新がされない状態となります。更新がされない場合は契約の続行もできなくなりますので、これにより借入できない状態になる人もいるのです。

どうしても返済で遅延してしまいそうという場合、借入を行っている側のマナーとして、業者に対してその旨を伝えておくことも大事です。

こんな人は借りられない!消費者金融の審査で落ちてしまう人

銀行に比べて消費者金融は甘いと案内しましたが、消費者金融のカードローン審査でも落ちてしまう人はいます。

このような人物はブラックと言われている人物のため、ブラックになってしまった原因を探らないといけません。

ブラックには以下のような分類が存在しますので、先ずは分類について学んでおきましょう。

  • 返済の遅延によるブラック
  • 債務整理によるブラック
  • 多重債務によるブラック

ブラックの中で扱いが厳しくないのは返済の遅延によるものです。残りのブラックに関しては、借入できない状態になってしまうので注意してください。

なぜ、このような扱いの違いがあるのか?というと、カードローンの販売で問題を起こしているブラックだからです。

返済の遅延程度であれば遅延の問題を解決すれば、一般の利用者とまったく変わらない状況で利用している人になります。しかし、債務整理、多重債務というのは返済の意思が無いことを表しています。

債務整理、多重債務とは

債務整理とは、弁護士、もしくは裁判所を通じて借金(債務)の整理をすることです。

多重債務とは、返済の意思が無い借入、もしくは計画性の低い借入を指して用いられています。

債務整理、多重債務によるブラックは長期的に解決しないと判断されるため、現在借入されている業者以外もお金を貸したいとは思いません。

カードローン審査の申込をされても、審査に通らないという結果が続くでしょう。このような問題を起こしてしまうと、数年間は正常に借入できない状態になってしまいます。

年齢と審査の関係!銀行ほど年齢を重要視している?

カードローンだけでなくクレジットカードにも言えることですが、借入できない場合の原因は、スーパーホワイトにある場合もございます。

スーパーホワイトというのは、まったく借入実績を確認できない人物のことです。

借入されていないということは借金が0円ということです。一見すると、他の人より融資を行いやすい人物のように思ってしまいます。

ですが、スーパーホワイトの人は借金が簡単にできる立場でもあるため、どれほど借金してしまうかが不透明です。そのため、今では借金の審査が慎重になってしまっている人物となっています。

スーパーホワイトという情報も金融機関では共有していますので、審査に通りそうな金融機関を探しても、カードローン審査に通らないということが多いでしょう。

ただ、スーパーホワイトには条件もありますので、以下のような条件を満たさないように工夫するだけでも、借入できない状況が改善しやすいです。

  • 年齢が若くない
  • ローンの申込そのものが全くない
  • 口座の開設や利用が確認できない

年齢についてですが、40代以降からスーパーホワイトという扱いを受けやすくなります。なので、30代になってからローン契約を組むようにするだけでも、ずいぶんとローン審査の評価が変わってくるのです。

ローンの申込に関しても定期的に行っておくようにしましょう。これだけで、ローンの利用に対して意欲があると理解してもらえます。

借金というのは利用されて意味があるものです。なので、借金をされてから長く利用が確認できない場合も、スーパーホワイトという扱いになります。

最後にお金の受け渡しが不透明な人物も、スーパーホワイトという扱いを受けやすいので注意してください。銀行などで口座を開設された場合、給与の受取口座、借金の引き落とし口座として利用するようにしましょう。

これらの対応は、時間にして1日以内に対応できるものばかりです。つまり、スーパーホワイトはすぐに解消できる問題でもあるのです。

借入実績を積む方法は?身近なところに解決策があった!

スーパーホワイト脱却を目指して借入をしよう!と思っても、中々ローン審査で通らないことがあります。

このような場合は安い家電品で問題ないので、身近なものでローン契約を行うようにしてください。

ローン契約は、安い商品、もしくは生活で必要となるものに対して甘い特性があります。つまり、生活で必要なものであればローン審査に通りやすいのです。

カードローン審査、もしくは目的別ローンと言われているものは審査がやや厳しいので、最初は10万円以内でローンが組めるものを選びましょう。

10万円以内のローンには以下のようなローンもありますので、スーパーホワイト脱却は身近なところにこそ解決策があるのです。

  • 携帯の後払い機能を用いる
  • 10万円以内でクレジットカードの契約を組む
  • ショッピングセンターで購入したものを分割払いにする
  • スポーツジムの利用料金をローン契約で支払う
  • ガソリンスタンドの利用料金をローン契約で支払う

上記についてですが、銀行口座など引き落とし口座を作っておく必要があります。銀行口座開設には1週間程度の時間がかかりますので、お早めに完了させておくことをオススメします。

また、ショッピングセンター、スポーツジム、ガソリンスタンドのローン契約は、精算用の窓口で取り扱っているローン契約です。

なので、良く利用されているショッピングセンターなどで、ローン契約について相談されると良いでしょう。これらのローンは生活で必要とされるローンのため、カードローン審査と比べて審査に通る人が多いローンでもあります。

新着記事
TOPICS