> > サラ金ってホントは安全!返済できないと嫌がらせなんてウソ!

サラ金ってホントは安全!返済できないと嫌がらせなんてウソ!

サラ金というと危険、怖いというイメージを持っている人が多いのですが、サラ金は今で言う消費者金融のことで、現在ではとても手軽で安全になりました。

過去には高金利で貸し付けや暴力的な取り立てを行っていたこともありますが、現在ではそのようなことができないように法律が改正されています。

サラ金は怖いという過去のイメージを払拭できず、お金が必要なのに消費者金融の利用をためらっている人はぜひこの記事を読んで、消費者金融の安全性を確認してもらいたいと思います。

サラ金イコール怖いはウソ!サラ金にはいいところがたくさん!

サラ金、消費者金融は怖いと思い込んでいる人は少なくありません。確かに過去には借金を返済できずに自殺や夜逃げをする人もいて、社会問題となりましたが、現在では法律が改正され無理な貸し付けができなくなりました。

消費者金融は昔に比べて、いろいろな意味で安全になり利用しやすくなっています。今まで消費者金融=怖いと思っていた人もこの記事を読めば目から鱗だと思いますよ。

銀行と提携しているので安心

現在では消費者金融はもはや銀行の一部と言っても過言ではありません。多くの大手消費者金融が銀行の傘下に入ったり、もしくは提携し、カードローン業務を請け負っています。バックに銀行がついているということで安心して利用することができます。

例えば、プロミスは三井住友銀行、アコムは三菱東京UFJ銀行、レイクに至ってはもはや消費者金融ではなく、新生銀行カードローンの商品名として残っているのです。

審査が早い!緩い!

消費者金融を利用するメリットの一つが審査が緩く、スピーディなことです。借入を希望する人の大半はできるだけ早急にお金が必要というケースが多いので、審査が早いというのはポイントが高いのです。

消費者金融では多くの場合、14時までの申込で審査回答、借入までがその日のうちに可能となっています。

また銀行カードローンよりも消費者金融が選ばれるのは、審査が緩いからです。

カードローン審査ではおもに年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴、他社からの借入などを審査しますが、消費者金融は審査の難易度が低く、中には債務整理や自己破産の経験があっても借入できるところもあるようです。

審査が緩く、スピーディというのは消費者金融の最大の特徴と言えるでしょう。

限度額が制限されているので借り過ぎの心配がない

消費者金融を利用する上で心配なのは借り過ぎて返済できなかったらどうしようということです。

しかし、現在では総量規制という法律が施行されているので、いくら借りたくても年収の1/3までしか借入はできません。

たとえば、年収が300万円の人は最大100万円までしか借入できません。法律を無視して貸し付けを行えば、会社側が罰則を受けることになりますので、審査の際に年収をチェックすることが欠かせません。

総量規制の関係上、借入額が希望額に満たないこともありますが、身分不相応な借入をして返済に行き詰まっては仕方ありませんよね。

金利が制限されているので利息が高すぎない

以前は金利が40%台という時代もありましたが、徐々に引き下げられ、現在では20%を超えることはできません。

銀行カードローンの平均金利は14%~15%、消費者金融の場合は17%~18%が一般的です。

銀行に比べると高いと感じるかもしれませんが、昔に比べると驚くほど低金利になっているのです。

とはいえ、借入金額が増えたり、借入期間が長引くと、金利による負担は免れません。カードローンはできるだけ早く返済するのが鉄則ですね。

サービスが充実している

消費者金融のその他の特徴はサービスが充実していることです。

例えば、一定期間金利が無料になる無利息サービスやポイントが貯まるサービスなど、銀行カードローンにはない様々なサービスがあります。

プロミスには30日間無利息、ノーローンには何度でも利用できる無利息があり見逃せません。

インターネット申込やATM利用で利便性が高い

カードローンを利用する上でもう一つ欠かせないのは利便性が高いかどうかということです。

消費者金融ならほとんどがインターネット申込が可能です。自宅にいながら、24時間申し込みが可能なので、とても便利です。

また借入や返済に関しても、インターネットバンキング、銀行振り込み、ATM、コンビニ、店舗窓口など自分の都合に応じて選ぶことができます。

必要な時にすぐ借入できるというのはとても重要です。

恐喝や暴力による取り立ては違法

お金を借りるときに心配なのは返済できなかった場合どうなるのかということですが、一昔前のような暴力的な取り立てというのは違法です。

早朝や深夜に家に押しかけてきたり、勤務先に出向くなどの嫌がらせをしたり、第三者に代わりに借金の取り立てをすることは違法行為なので警察を呼ぶことができます。

通常は返済が滞った場合、まずは登録した電話番号に連絡が来ます。そこで事情を説明し、返済日を調整したり、返済計画を見直すことができればいいのですが、連絡を無視したり放置すると今度は郵送で通知がきます。

返済できないからといって放置すれば、信用情報に傷がつき、今後の借入に支障が出ますので、きちんとルールを守って返済するようにしましょう。

消費者金融のデメリットも把握して納得したうえで借入を!

ここまで消費者金融の魅力について解説してきましたが、もちろんデメリットもあります。

消費者金融は一般的に銀行カードローンよりも金利が高めに設定されています。銀行カードローンの金利が14%~15%というのに対し、消費者金融は17%~18%となります。

金利が高ければその分支払う利息は多くなりますので、返済シュミレーションなどを利用して具体的な数字を確認したうえで利用するのがいいと思います。

また実際に借入をしていなくても契約して限度額が設定されれば信用情報に記録されてしまいます。今後住宅ローンをはじめとする大口のローンを組む際にまったく影響がないとは言い切れません。

本当に借入をする必要があるのか、無駄な借入はしていないか、常に取引状況をチェックするなどして借金をしているという意識を持つことが大事です。

サラ金は安全!だったら活用しないともったいない!

消費者金融はとても便利で安全ということを理解していもらえたと思いますが、それなら利用しないのは損ですよね。ちょっと借入してみてもいいかなと思った人に、おすすめのカードローンをご紹介します。

初心者でも利用しやすい!カードローンならまずはプロミスから

カードローン初心者は借入先に迷うことが多いと思いますが、おすすめしたいのは国内最大手の一つプロミスです。おそらくその社名を聞いたことがない人はいないでしょう。

金利 限度額
4.5%~17.8% 最大500万円

プロミスの特徴を見てみましょう。

30日間無利息でお得に借入

プロミスの最大の特徴を言えば、30日間無利息サービスがあることです。

30日間無利息とは30日間金利が無料になります。例えば、10万円を30日間借入すると利息は約1500円かかりますので、それがすべて無料になるのはお得ですよね。

30日間無利息を利用するためには、新規利用者であること、メールアドレスを登録してWEB明細を利用することが条件となります。

WEB完結で手軽でスピーディに借入

プロミスのWEB完結を利用すれば、郵送なし、カードなしで申込、借入、返済までできてしまいます。

WEB完結を利用するためには、WEBで申し込み、口フリ(口座振替)を選択すればいいだけです。口座振替にはほとんどの金融機関が対応しています。

利用資格と必要書類

プロミスは必要書類も最低限で申し込みができます。

利用資格

  • 年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入のある方(パート、アルバイト、主婦可)

必要書類

  • 運転免許証、パスポートなどに本人確認書類

申込の流れ

インターネット申込(24時間いつでも受付)

審査

審査結果、借入可能額の連絡

契約(WEB、店頭、郵送)

契約内容の確認・借入

返済について

返済は残高スライド元利定額返済方式となり、借入残高に応じて毎月の返済額が決定します。返済日は5日、15日、25日、末日の中から選ぶことができます。

返済方法は銀行振込、インターネット、店頭、口座振替、ATMなど利用者の都合に応じて選ぶことができます。

サラ金は便利で安全!嫌がらせなんて過去の話!

サラ金は怖いもの、返済できないと嫌がらせをされるなどというのは、遠い昔の話です。現在では消費者金融の利用者は法律によって守られていますので安全に、そして快適に利用することができます。

ただし、もし消費者金融を利用するにあたって、わからないことや不安なことがある場合には事前にそれらをクリアにした方が後になってこんなはずじゃなかったということにならないで済みます。

また怖がる必要はありませんが、借金をすることを意味はきちんと理解していた方がいいでしょう。人さまにお金を借りるのですから、きちんとルールを守って返済するのが当然です。

返済が滞れば、信用情報に傷がつき、ローンを組んだり、クレジットカードが作ることが困難になるなど自分自身が不自由を強いられます。

くれぐれも無理な借入はせず、返済日をきちんと守って、なるべく早く完済することを目標にしましょう。

新着記事
TOPICS