> > 18歳は借りれますか?サラ金の年齢制限をご紹介します!

18歳は借りれますか?サラ金の年齢制限をご紹介します!

18歳と言えば、大学や短大・専門学校などの学生や、社会人になったばかりの人達です。そのような時期だからこそ、収入が高いとは言えませんよね。だからこそ、学校で使う教材を買うお金に困ったり、社会人としての付き合いが負担になったりすることもあります。

そこで、お金が足りない時期をしのぐためにお金を借りたいと思った時、本当に18歳の自分がサラ金からお金を借りれるのかと心配になることもあるでしょう。18歳と言えば未成年ですから、これは当然の疑問です。

結論から言えば、18歳でも借りれます!ですが、どこからでもというわけにはいきません。そこで、どこなら借りれるのかを知るために、サラ金の年齢制限をまとめてご紹介します!

借りる前にチェック!年齢制限を設けていない業者は要注意!

そもそもサラ金とは「サラリーマン金融」の略語なので、サラリーマンしか借りられないようなイメージがありますが、実際のところサラ金は現在は消費者金融という呼び名で呼ばれている業者のことなので、それに関しては問題ありません。

消費者金融は、サラリーマンなどの会社員はもちろん、公務員、派遣社員、パートやアルバイト、自営業の人など多くの人を融資の対象としています。ただし、どの業者でも融資対象者は同じではなく、中には学生や自営業の人は不可など、制限を設けているところもあります。

特に、年齢制限は絶対にありますので、18歳の人がお金を借りようとするのなら、18歳でも利用可能かどうかは必ずチェックする必要があります。

ですが、その前に、お金を借りるための知識として知っておくべきことがあります。それは、お金を貸してくれる業者は、全てが安全ではないということです。そのため、最初に危険な業者ではないかをチェックする必要があるのです。

実は、18歳に貸してくれるサラ金はとても少ないので、それをいいことに未成年にも融資するという触れ込みでお金を貸そうとする正規ではない業者も混ざっていて、18歳の人の場合それらにとても引っかかりやすいという現状があります。

では、詳しく見ていきましょう。

未成年がお金が借りにくい!理由は法律上の定めによるもの!

まず、18歳の人がお金を借りられるのかどうかを確認してみましょう。実際のところ、18歳の人はお金が借りられないわけではないのですが、とても借りにくい状況にあることは確かです。それには、法律の定めも関係しています。

実は、貸金業者が守るべき法律には、未成年にお金を貸してはいけないという決まりはないんです。

それにもかかわらず未成年者がお金を借りにくいのはなぜかというと、民法によって未成年が契約行為をすることは認められていないからなんです。

もう少し詳しく言えば、未成年が親権者の同意を得ることなく契約をした場合、契約を破棄することができます。これを『未成年者の契約取消権』と言います。

では、それに従って契約を破棄した場合、借りたお金はどうなるのかというと、未成年はすでに使ったお金を返済する必要はなく、手元に残ったお金のみを返済する義務があることになります。

となると、融資したサラ金としてはかなり損をしますよね。だから、未成年には融資をしないというサラ金が多いのです。

18歳は借り入れしにくいのが事実でも、不可能ではありません!

先ほどの内容を読まれて、法律の関係もあるのなら、18歳の人はもしかしてお金を借りられないんじゃないかと不安に思われたかもしれません。確かに、未成年は借り入れがしにくいのは事実です。

ですが、未成年がお金を借りるのは不可能というわけでもありません。なぜかというと、少数ながら、未成年を融資の対象としているサラ金があるからです。だからこそ、18歳の人が借りたいのなら、年齢制限を確認して、未成年でも借りられる業者を選ぶことが大切なんですね。

ここで1つ注意点があります。それは、18歳の未成年でお金を借りる先があまりないから、貸してくれる業者ならどこでもいいやと、借り入れ先を適当に選んでしまってはいけないということです。

お金を借りにくい人を対象に、違法な融資を行っている『ヤミ金』の存在は、皆さんご存知のことと思います。実は、年齢制限を設けず、誰にでも貸せるような言い方をしている業者には、ヤミ金が多いので注意が必要です。

正規のサラ金なら、必ず年齢制限を設けています。

年齢制限を設けていない業者はヤミ金の可能性大!

なぜ正規のサラ金が年齢制限を設けているのかというと、その年齢に当てはまるくらいの人なら、返済能力があるだろうと考えられるからです。

未成年の場合、先ほどの民法の関係に加えて、社会的に責任を負う年齢でもありませんので、判断能力という点が疑問視されて借り入れができないのが一般的です。

それに対して高齢の場合、仕事を辞めていて収入が少ないなどの理由から、返済能力があるとは考えにくいという意味で借り入れができません。つまり、サラ金としては、様々な制限を設けることで貸したお金を返してもらえるように計画しているわけですね。

それなのに、年齢すら関係なく誰にでもお金を貸せる業者があるとしたら、高い金利や厳しい取り立てで元が取れる可能性がある違法業者と考えられるのです。

余談ですが、この『ヤミ金』と『サラ金』は混同されやすい言葉でもあります。ヤミ金はきちんとした届けを出さずに営業を行う違法業者、サラ金は消費者金融のことを指すのできちんと届けを出している正規の業者ということになります。

ヤミ金は違法業者なので、法律に従わず高い金利で融資を行ったり、暴力的な取り立てを行ったりすることもあります。自宅や職場まで押し掛けてくることもありますので、間違って借りてしまうととても危険なのです。

では、ここからは正規の業者を例に、18歳でも借りられるかどうか、借りられるとしたらどの業者からなのか、具体的に見ていきましょう。

大手のサラ金では、残念ながら18歳の借入は不可能です!

初めて借り入れをするのなら、やはり多くの人に名前を知られているところが安心感がありますよね。そこで、多くの人に名前を知られている大手のサラ金で18歳は借りられるのか、年齢制限を見てみましょう。

大手サラ金の年齢制限

大手のサラ金の年齢制限は、以下の通りです。

  • アイフル…20歳~69歳
  • アコム…20歳~69歳
  • プロミス…20歳~69歳
  • モビット…20歳~69歳

大手では、全ての業者で利用できる人の年齢は20歳から69歳までということになります。

18歳の人は、残念ながら大手ではお金を借りることができないということがわかります。

準大手を見てみよう

次に、準大手と呼ばれる規模のサラ金の年齢制限を見てみましょう。

  • ノーローン…20歳~69歳
  • ライフティ…20歳~69歳

やはり、ここでも利用できる人の年齢は20歳から69歳までということになります。準大手規模でも、18歳だと借り入れは難しいと言えますね。

中小企業のサラ金も、一般向けの業者では20歳以上が基本!

次に、審査基準が大手よりも甘めと言われる中小企業のサラ金ならどうなのかを確認するために、中堅から小規模のサラ金の年齢制限を見ていきたいと思います。ここでは、一般向けの業者を取り上げて確認してみたいと思います。

中小企業のサラ金の年齢制限

中小規模のサラ金の年齢制限は、以下の通りです。

  • アロー…20歳~65歳
  • セントラル…20歳~70歳
  • ニチデン…20歳以上
  • ビアイジ…20歳以上
  • フクホー…20歳~65歳

いくつか業者を挙げてみましたが、一般向けの業者はやはり多くの業者が20歳以上を融資の対象としていることがわかります。

狙い目は学生ローン!18歳から借りられる業者も存在します

それでは、18歳の人はどこから借り入れをすればいいのでしょうか?

狙い目は、学生ローンという名前でお金を貸し出している業者です。

そこで気になるのは、学生以外の18歳の人が借りられるのかどうかということですよね。それも合わせて確認しましょう。

また、学生ローンという名前がついていても、20歳からしか融資をしていないところもありますので、ここでは18歳から借りられる業者について詳しく確認します。

アイシーローン

アイシーローンには、学生ローンと勤め人向けのフリーローンがあります。ですが、勤め人向けのフリーローンは20歳以上の人しか利用できませんので、ここでは学生ローンを取り上げてご紹介します。

18歳から利用できる学生ローンの商品詳細は、以下の通りです。

利率 最大利用限度額
10.0~20.0% 50万円

この商品を利用できるのは、首都圏在住の学生または首都圏の学校に在学している学生に限られます。ただし、予備校生や高校生は学生に含まれません。また、この商品を利用するためには、アルバイトなどで安定した収入を得ていることも必要です。

学生ローンの場合、以下の書類を提出することになります。

  • 学生証
  • 健康保険証または運転免許証のどちらか
  • アルバイトの明細もしくは給料の振込先の通帳

アルバイトをしていることの証明が必要ですので、提出できるように用意しておきましょう。

カレッヂ

カレッヂのローンは学生専用なので、勤め人が利用することはできません。ローンの商品詳細は、以下の通りです。

利率 最大利用限度額
17.0% 50万円(未成年の借入は10万円まで)

この商品を利用できるのは、高卒以上の学歴があり、日本国籍の短大生・大学生・専門学校生・予備校生です。また、アルバイトなどをして収入を得ていることも申し込み条件となっています。

申し込みの際には、以下の書類を提出することになります。

  • 学生証
  • 健康保険証または運転免許証、無い場合はパスポートと住民票を合わせて提出
  • 銀行の口座のキャッシュカード
  • 公共料金の領収書か請求書(無い場合は要相談)

来店で申し込む場合は、学生証と健康保険証または運転免許証のどちらかがあれば申し込み可能です。

フレンド田

フレンド田のローンも学生専用なので、勤め人が利用することはできません。ローンの商品詳細は、以下の通りです。

利率 最大利用限度額
15.0~17.0% 50万円

この商品を利用できるのは、高卒以上の学歴がある短大生・大学生・専門学校生・予備校生です。また、アルバイトなどをして収入を得ていることも申し込み条件となっています。

申し込みの際には、以下の書類などを提出することになります。

  • 学生証
  • 健康保険証
  • 運転免許証

学生証の提出は必須です。未成年が申し込みをする場合は、親権者の承諾がいります。

マルイ

マルイのローンも学生専用なので、勤め人が利用することはできません。本来は20歳以上の人向けの商品なのですが、お金の利用目的が学費の場合のみ、18歳から借り入れができます。

ローンの商品詳細は、以下の通りです。

利率 最大利用限度額
15.0~17.0% 50万円

この商品を利用できるのは、高卒以上の学歴がある短大生・大学生・大学院生・専門学校生・予備校生です。また、アルバイトなどをして収入を得ていることも申し込み条件となっています。

申し込みの際には、以下の書類などを提出することになります。

  • 学生証
  • 健康保険証または運転免許証(あると審査に有利)

学生証の提出は必須です。

学生ローンでも20歳以上の人が対象のサラ金も!

以下に挙げる業者は、学生ローンという名前がついていますが、融資の対象は20歳以上とされています。

  • アミーゴ
  • イー・キャンパス
  • 友林堂
  • ベル

こうしてみると、18歳で借り入れができるサラ金がかなり限られていることがよくわかりますね。

学生以外の18歳が借りられるサラ金は見当たらない!

ここまで読まれておわかりいただけるかと思いますが、18歳の学生を対象に融資をしているサラ金はあっても、学生以外の18歳向けに融資をしているサラ金は、見当たりません。

いろいろ調べてみましたが、確認できた18歳で学生以外の人への融資が可能と案内されている業者は、いずれも現在は融資を停止していたり、金融庁の貸金業者検索で検索してもヒットしない非正規の業者であったりしました。

学生という身分は実は特殊で、子どもが学校に通えているということは少なくとも親に子どもを進学させるだけの経済力があるということになります。そのため、そういった背景も含めて、学生に融資をする業者ならあるということですね。

そのため、未成年が借りる時には親権者の同意を求められるのが一般的なのです。

実はサラ金以外の選択も!どうしても借りたい時の方法とは?

このように、18歳の人の場合、かなり借り入れ先が限られる上に、学生ではない18歳の人の場合、さらに借り入れ先が少ないのが現実です。そこで、どうしても借り入れをしたい18歳の人は、サラ金以外の選択肢も考えてみましょう。

では、そんな時にはどうすればいいのかというと、キャッシング機能付きのクレジットカードを作る方法もあるんですよ!クレジットカードの場合、18歳以上から持てるものが多くあります。

キャッシング機能がついているクレジットカードなら、それを使ってお金を借りることもできますし、お金を借りなくてもクレジットカード本来の使い方をすることでもお金が足りない時期を乗り切れる可能性がありますね。

ですが、クレジットカードの中には年会費が必要なものがあります。お金を借りたい状況の中、年会費を払うのは負担になりそうですよね。

そのため、ここでは、お金を借りるのに負担が増えるようなことがないように、年会費無料のカードを厳選してご紹介します。

ライフカード

ライフカードが発行している『ライフカード』は、年会費永年無料のクレジットカードで、キャッシング機能をつけることも可能です。キャッシング枠は、申し込み者の希望を元にして、ライフカードによっていくらになるかが決定されます。

キャッシングの利率は、利用可能枠が100万円未満の場合18.0%、100万円以上の場合15.0%です。

高校生を除く18歳以上の人で、日本国内に住んでいて電話連絡ができるという条件を満たせば、持つことが可能です。ただし、未成年者がこのカードを持つには、親権者の同意を得る必要があります。

学生の人には、『学生専用ライフカード』もあります。こちらは、18歳以上25歳以下の学生(短大生・大学生・大学院生・専門学校生)が持つことができます。学生専用のライフカードの場合、キャッシング枠は最大で10万円までになります。

学生専用ライフカードの場合、キャッシングの利率は15.0%です。

学生専用のカードの方がキャッシングの利率は低いですし、さらに学生専用のカードを選べば海外旅行傷害保険も付帯されます。そのため、学生が持つ場合は、通常のカードよりも学生専用カードをお勧めします。

VIASOカード

三菱UFJニコスが発行している『VIASOカード』も、年会費永年無料のクレジットカードで、キャッシング機能をつけることも可能です。キャッシング枠は、申し込み者の希望を元に審査が行われ、三菱UFJニコスによっていくらになるかが決定されます。

キャッシングの利率は、14.94~17.94%です。

高校生を除く18歳以上の人で、さらに電話連絡ができるという条件を満たせば、持つことが可能です。ただし、未成年者がこのカードを持つには、親権者の同意を得る必要があります。

このカードには、海外旅行傷害保険とショッピング保険(リボ払いを選んだ時のみ)が自動付帯されていますので、持っていると安心なカードです。

Orico Card THE POINT

オリコが発行している『Orico Card THE POINT』も、年会費永年無料のクレジットカードでキャッシング機能をつけることも可能です。キャッシング枠は、審査によって会員別に決められます。

キャッシングの利率は、15.0~18.0%です。

高校生を除く18歳以上の人なら、このカードを持つことが可能です。ポイント還元率が1.0%と高めな設定なので、持っているとお得ですね!

学生以外の18歳の人にはクレジットカードがお勧め

以上のように、クレジットカードなら18歳以上の人が持つことができますし、さらに審査に通ればという条件はありますが、キャッシング枠をつけることも可能です。

学生の場合、サラ金で借りるなら学生ローンという選択がありますが、学生ではない18歳の人はサラ金だと借り入れ先が見つかりませんので、クレジットカードのキャッシング枠を利用するか、通常通りのクレジットカードの使い方でお金がない時期を乗り切るかの方法がおススメです。

18歳が借りるなら!学生ローンかクレジットカード

サラ金にはそれぞれ年齢制限がある関係から、18歳が借りるなら18歳でも利用可能な業者を選ばなければいけません。ですが、18歳が借り入れできるサラ金は限られていますし、学生でなければなお選択の幅は狭くなってしまいます。

そこで、18歳が借りるなら、以下の方法を試しましょう!

  • 18歳の学生が借りるなら、学生ローン商品を扱うサラ金で借りる
  • サラ金で借りられない場合、クレジットカードを利用する

ただし、未成年のうちからお金を借り、返済ができない状況を作ってしまうと、今後借り入れが難しくなる可能性もあります。

そのことをきちんと理解したうえで、返済計画をきちんと立てた上で、18歳にでも貸してくれる借り入れ先を選びましょう!

新着記事
TOPICS