サラ金てなに?知らない人に教えますカードローンのしくみ

カードローンのサービスで良く目につくのが即日融資という言葉です。でも、なぜ?即日融資なのでしょうか?お金を必要とする理由は、人それぞれ違います。でも、いつでもいいからとにかく必要なお金というのはそうありません。何かをしたいからお金が必要なはずです。

そういう場合は期限がついて来ます。いつまでに必要かという緊急度によって選ぶ会社も変わって来ます。そこでお金がすぐにほしい。直ぐに借りたい!そう言う方の為に即日融資を受ける為に必要な情報を集めて解りやすくまとめて見ました。

即日融資可能な金融会社!

即日融資を提供している金融会社は多いです。基本的に消費者金融会社は即日融資です。金利の安い銀行に対抗する消費者金融会社の魅力は即日融資にあるからです。でも銀行の中にも即日融資可能な所があります。銀行と消費者金融会社の中からおすすめの金融会社を厳選して見ました。

即日おすすめの銀行

金融機関名 商品名 限度額
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 4.6%~14.6% 500万円
新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0% 500万円

即日おすすめの消費者金融

金融機関名 商品名 限度額
アコム カードローン 3.0%~18.0% 800万円
プロミス カードローン 4.5%~17.8% 500万円
モビット Web完結・カード申込 3.0%~18.0% 800万円

※現在のプロミスは会社名ではありません。金融機関名はSMBCコンシューマーファイナンスです。消費者金融会社プロミスの方が知名度が高い為、情報サイトではプロミスとして紹介される事も多いです。

即日融資を受けようとする前に!

即日融資を受ける為に注意しておくべき事がいくつかあります。どの金融機関にも共通する事項を紹介します。

銀行の即日融資ってホント?

【ここは、結構重要な所です】

「即日融資可能」と書いてあっても銀行の預金口座を開設していないと即日融資にならないケースが結構あります。そう言うサービスの場合、特に注意するべき事は、銀行の口座開設の時に審査がある銀行です。そう言う銀行は口座を開設していれば即日融資を受ける事が出来ますが口座開設に1週間程度かかる銀行もあります。

また本人名義の口座への振込融資の場合でも、あらかじめ口座を登録しておかないと振り込み処置の出来ない金融機関もありますので申し込む前によく確認しておきましょう。

必要書類をチェック!

即日審査を受けようとする場合、必要書類の記載事項が原因で使えない場合が発生すると即日融資に間に合わない場合が起きます。

●本人確認書類の有効期限は?

もし有効期限が切れていたら必要書類として使えません。その場合直ぐに再交付出来ない場合は他に使える本人確認書類があればそれを使うようにしましょう。もし使える書類がなければ、他に使える必要書類のあるカードローン会社に変更する方法もあります。

『本人確認書類の一例』 (※会社によって種類が違います。) ・運転免許証・健康保険証・パスポートなど

●本人確認書類住所は同じですか?

本人確認書類の住所と現住所が違う場合は新たに書類が必要です。他に使える本人確認書類があるのなら、その方が早いです。いずれにしても早く準備出来る方法で申込みましょう。

『住所が違う場合、新たに必要となる書類の一例』(※会社によって種類が違います。) ・公共料金の領収書・住民票の写し・印鑑証明書

●収入証明書類は念の為に準備しておきましょう(※会社によって提出不用な場合の金額が違います。)

収入証明書はそれぞれ金融機関の定めた金額以下の場合に提出しなくていい事になっています。でもどうしても今日借りないといけない場合、万が一の為に準備しておきましょう。その理由は審査の状況により提出を求められる場合があるからです。

金融会社別の申し込み方法

即日融資可能な金融会社別の申し込み方法と注意点です。

三菱東京UFJ銀行

金融機関名 商品名 限度額
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 4.6%~14.6% 500万円

●バンクイックで即日融資を受ける為のポイント

・テレビ窓口を使えば最短40分でカード発行が可能で、その場でキャッシング出来ます。平日の15:00以降、あるいは土日祝日でもご利用になれます。 ・テレビ窓口なら休日でもカードの発行が出来ます。但し在籍確認が取れるまではキャッシングは出来ませんのでご注意ください。 ・また勤め先の会社が休みで在籍確認が取れない場合の振り込みは在籍確認終了後になります。また銀行が休みの日の振込融資は受ける事が出来ません。

●テレビ窓口には営業時間があります。

曜日 受付時間
平日 09:00~20:00
土曜・祝日 10:00~18:00
日曜 10:00~17:00

※営業時間終了直前の場合、翌日以降になる場合があります。 (テレビ窓口でカードを受け取る際の本人確認書類は『運転免許証』限定です。)

●申し込み条件 ・満20歳以上65歳未満の方 ・安定した収入がある方 ・保証会社アコム(株)の保証が受けられる方

●申し込み方法 ・インターネット・モバイル・テレビ窓口・電話・郵送

●必要書類

◇本人確認書類(どれか一つが必要です。)  ・運転免許証 ・各種健康保険証 ・パスポート等

◇収入証明書類 ※次の場合は以下の書類のうちのどれか一つが必要です。 ※100万円を超える利用限度額の場合  ・源泉徴収書 ・住民税決定通知書 ・納税証明書その1・その2(個人事業主の方) ・確定申告書第1表・第2表

新生銀行カードローン レイク

金融機関名 商品名 限度額
新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0% 500万円

●即日融資を受ける為のポイント ・振込による即日融資を受けようとする場合は平日14時までに契約を完了すれば、その日のうちにご本人名義の銀行口座に振り込まれます。 ※即日融資を受ける場合は、事前に本人名義の金融機関の口座登録が必要です。

・土日祝日に自動契約機から申し込む場合は『インターネット、電話などで申し込みをされているお客様』のメニューを選んで、必要書類を準備して手続をします。『インターネット、電話などで既に申し込みをされている場合』という点がポイントになります。

●申し込み条件 ・満20歳以上70歳 ・定した収入がある方 ・新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

●申し込み方法 ・パソコン ・スマートフォン ・携帯電話 ・自動契約機 ・電話 ・郵送

●必要書類

◇本人確認書類(どれか一つが必要です。)  ・運転免許証 ・健康保険証 ・パスポート ・特別永住者証明書 ・在留カード

※書類に記載される住所と現住所が異なる場合は次の書類が必要です。 (現在お住みの住所が記載されている以下のいずれかの書類の原本が必要です。) ・公共料金の領収書・住民票の写し・印鑑証明書

◇収入証明書類 ※次の場合は以下の書類のうちのどれか一つが必要です。 ※100万円を超える利用限度額の場合  ・源泉徴収書 ・住民税決定通知書  ・所得証明書 

アコム

金融機関名 商品名 限度額
アコム カードローン 3.0%~18.0% 800万円

●アコムで即日融資を受ける場合のポイント ・振込融資を受ける場合は平日14:00までに契約を完了する必要があります。インターネットからの振込み融資の場合は、銀行・信販は平日14:00まです。ゆうちょからの振込融資の場合は14:00まで楽天銀行に口座がある場合は土日祝日を含めて24時間可能です。

※(楽天銀行の口座開設には日数が掛かります。事前に口座開設をしていれば即日融資可能です。)

・アコムで土日祝日の即日融資を追求するなら自動契約機(むじんくん)です。09:00~18:00(土日祝日もOK、一部店舗は21:30までです。)在籍確認がポイントになります。

●申し込み条件 ・満20歳以上69歳以下 ・安定した収入がある方

●申し込み方法 ・インターネット ・スマートフォン ・携帯電話 ・自動契約機(むじん君) ・電話 ・郵送

●必要書類

◇本人確認書類(どれか一つが必要です。)  ・運転免許証 ・健康保険証 ・パスポート

◇収入証明書類 ※次の場合は以下の書類のうちどれか一つが必要です。 ※他社を含めた借入総額が100万円を超える場合 ※当社で50万円を超える契約を行う場合 ・源泉徴収書(最新) ・給与明細書(直近1カ月分) ・市民税・県民税決定通知書(当年分)  ・課税証明書(当年分) ・所得証明書(当年分) 

プロミス

金融機関名 商品名 限度額
プロミス カードローン 4.5%~17.8% 500万円

●プロミスで即日融資を受ける為のポイント ・ WEB契約をした場合平日なら即日振込が可能です。その場合平日の14:50までに契約を完了する必要があります。 (三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録すれば利用出来ます。)

・土日祝日に即日融資を希望する場合は自動契約機をご利用ください。その際、在籍確認なしの相談をすれば、即日融資して貰える可能性が大きいです。

●申し込み条件 ・満20歳~69歳 ・安定した収入がある方 ・収入があればアルバイト。パートでも可

●申し込み方法 ・インターネット ・携帯電話 ・スマートフォン ・自動契約機 ・三井住友ローン契約機 ・プロミスコール(電話) ・お客様サービスプラザ(店頭窓口)

●必要書類

◇本人確認書類(どれか一つが必要です。)  ・運転免許証 ・健康保険証 ・パスポート

※書類に記載される住所と現住所が異なる場合は次の書類が必要です。 (いずれか一つ) ・国税または地方税の領収書あるいは請求書 ・納税証明書、 ・社会保険料の領収書、請求書 ・公共料金の領収書あるいは請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHKの発行したもの) ・住民票の写し ・住民票の記載事項証明書

◇収入証明書類  ※次の場合は、以下の書類のうちの、どれか一つが必要です。 ※他社を含めた借入総額が100万円を超える場合 ※当社で50万円を超える契約を行う場合        ・源泉徴収書(最新のもの) ・確定申告書(最新のもの)  ・給与明細書(直近二カ月+1年分の賞与明細書) ※賞与明細書がない場合は給与明細書のみ)

モビット

金融機関名 商品名 限度額
モビット Web完結・カード申込 3.0%~18.0% 800万円

●モビット申し込みのポイント ・WEB完結サービスに申し込めば電話による電話連絡なしでカードを発行する事無く、ご指定の銀行口座へ即日振込融資(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 )を受ける事が可能です。※三井住友銀行あるいは、三菱東京UFJ銀行の銀行口座がある事が条件です。)  

・土日祝日に希望する場合は自動契約機で「カード申込」サービスをご利用ください。在籍確認がポイントです。

●申し込み条件 ・20歳以上69歳以下の方 ・安定した定期収入のある方 ・アルバイト・派遣社員・自営業の方も利用可能です。

●申し込み方法 ・インターネット ・携帯電話 ・スマートフォン ・郵便 ・電話 ・ローン申込機

●必要書類

◇本人確認書類(どれか一つが必要です。)  ・運転免許証 ・パスポート

◇収入証明書類 (モビットは必要です。) ・源泉徴収書の写し ・税額通知書の写し  ・所得証明書の写し  ・確定申告書の写し ・給与明細書の写し ※個人事業主の方の場合は別途所定の証明書が必要になる場合があります。

即日融資で失敗しない為に

これまでにご紹介して来た金融会社は即日融資に対応している金融機関の中でも時に即日融資に柔軟性に対応している会社です。注目するべきは即日融資を受ける為の方法には共通する事項もありますが会社毎にかなり違いがあるという点です。

この点で特に気をつけておく事は、申し込む会社を急に変更した場合に思い込みから思わぬ手違いやミスを起こしてしまう事です。単純ですが必要な項目は面倒でも、それほど時間は掛かりません。一つ一つチェックしましょう。

最後にとにかく即日融資を受けたい方の為にこれまでの情報を簡単にまとめました。文中の共通の注意事項をご覧になったうえで申し込まれる前に、もう一度もチェックして即日融資を成功させましょう。

1必要書類に不備はないか確認する。  (1) 有効期限  (2) 記載住所と現住所が同じかどうか! 2振込融資は営業時間に契約を終わらせる。 3土日祝日は自動契約機で手続をする。(在籍確認が取れるかどうかが大きなポイントです。)

キャッシング・カードローンで厄介なことのひとつが、「周りの人にカードローンを利用していることがバレないか?」ということです。特に、会社への電話に関しては、神経質になりがちですよね。 自分のプライベートのことで、会社に電話連絡が来るというのは、なんとも歯がゆいものです。特にカードローンやキャッシングは、会社への電話連絡がしつこいようなイメージがありませんか。 ここでは、カードローンを利用する時に、会社への電話連絡は必須なのか。規制法に違反する電話連絡とは...

有名な、中小の消費者金融会社のひとつである「アロー」。大手消費者金融会社とは違い、テレビコマーシャルなどを行っていないので、どんな会社なのかわかりづらいですよね。 アローというと、もしかしたら怪しいサラ金なのでは?と疑っている方も多いかもしれません。確かに、大手サラ金会社以外は、ヤミ金との区別がつきにくいものです。 アローは本当に安全な会社なのでしょうか。アロー以外にも、大手ではないサラ金会社は多くあります。サラ金会社とヤミ金の見分け方について...

中小のサラ金会社のひとつである「サンクス」。大手消費者金融会社と違って、サンクスのような中小の会社は、利用するのに紛らわしいことがあります。 ひとつは、消費者金融会社以外の、同名の会社が存在することです。もうひとつは、同じ会社名で別のサラ金会社があることです。 大手ほどは有名ではないので、会社名が重なってしまうことが多々あるのですね。「サンクス」も例にもれず複数存在します。 ここでは、安全なサラ金会社である「サンクス」について、情報をまと...

キャッシングの申し込みをするときには、何らかの書類が必要になるものです。必要書類を集めるのが大変そうで、申し込みをためらう人もいるかもしれませんね。 一般的に、使い道自由のフリーキャッシングに必要な書類は、本人確認書類や収入証明書類となっています。この本人確認書類には運転免許証を使う方が多いですが、保険証でも大丈夫な業者がほとんどです。 また、審査においてチェックされる属性のひとつとしても、保険証の種類が問われます。今回は、そんな保険証に注目し、申し込...

サラ金の電話の対処方というのは、知っていると知っていないで大きく違ってきます。 今回は、電話の対処方として在籍確認に関する案内を行っていきますので、カードローン審査で在籍確認を受けたことがない人にとって役立つ情報です。 他にも、カードローン契約後の電話や対処方についても案内しています。カードローンの利用をトラブルなく行いたいという人にとっても、役立つ情報が多く見つかるでしょう。 在籍確認の対処方法!時間指定で気楽に対応できる 在籍確認について知らな...

新着記事
TOPICS